出産祝いのプレゼントで気をつけたいマナー

出産祝いのプレゼントで気をつけたいマナー

出産祝いを初めて誰かに贈る方の中には、マナーが判らずに失敗してしまう人もいます。出産祝いのマナーを知った上で行動することが、人間関係をさらに良くすることにつながります。気を付けて下さいね。

 

出産祝いを渡す時期

普通は赤ちゃんを産んですぐ、病院に入院中にはお祝いをしに行ったりしません。産んですぐは、お母さんも赤ちゃんも疲れ切っています。入院中のお祝いは避けた方が良いです。よほど身内なら別ですが、病院に行くのは止めましょう。できれば、退院されて2週間目位がベストです。

 

訪問の際には

行く前には必ず連絡して、家にいるかなどを確認してから行ってください。具合が悪かったり、都合が悪かったりすることは、小さい子供がいるところでは珍しいことではありませんから。その点は気を遣いましょう。

 

出産祝いの品がベビーベットやベビー布団など、自宅に帰ってきたらすぐ使うようなものなら、出産前に贈っても良いです。ただ、その時も数か月くらい前から連絡しておいてください。遅くなると、すでに用意してしまった後になって、重複してしまいますから。

 

家が遠くて直接出産祝いを渡せない場合

お祝いの品や現金封筒で現金を贈ってもいいです。ただし、お祝いの品を贈る場合はメッセージカードなどを付けて、お祝いの気持ちを伝えた方が良いでしょう。品物も他の人とかぶったら困るようなものはできるだけ避け、判らない場合は本人に聞いてみた方が間違いがありませんよ。迷ってしまうようなら、カタログギフトも出産祝いでは喜ばれます。

二人目の出産祝い人気ランキング