出産祝いのプレゼントに子供服を贈るなら

出産祝いに子供服

子供服はとても可愛いデザインのものが多いので、選んでいると、とても楽しくなります。ただ、出産祝いのプレゼントとして子供服を贈る場合には、いくつかチェックしておくことがあります。せっかく出産祝いとして子供服を贈っても、サイズが合わなかったり、好みのデザインではないことから、着てもらえなかった。そんな経験を持つ方は案外多くいるのです。

 

 

出産祝いに子供服を選ぶ場合ポイント

新生児が着るような小さなサイズの服は、避けておいた方が無難です。60pくらいのサイズにしてしまうと、大きめの赤ちゃんの場合、着ることができないケースがありますから。一般的に子供服を出産祝いに贈る時には、80pサイズなどの少し大きめのものにすることがポイントです。

 

逆に100pを超えるような大きなサイズの服は、3歳から4歳の子供の服。赤ちゃんが成長するまでに、流行遅れになってしまうことがあります。注意しましょう。

 

さらに赤ちゃんが生まれた季節と、出産祝いに贈りたい子供服の季節感の関係を考えることも大切。春生まれの赤ちゃんに80pの子供服を贈るなら、翌年の春先に着られるように選ぶことがポイントです。

 

ブランドもの

赤ちゃんは服をすぐに汚すため、パパやママはあまり高価なブランド物を購入しない傾向があります。なので、出産祝いには、ブランドの子供服を選んでみても良いでしょう。ただし、ロンパースなどは着られる時期が非常に短いですから、上下セパレートになっているデザインの子供服を選ぶことをお勧めします。

二人目の出産祝い人気ランキング