出産祝い、予算金額3000円なら

出産祝い、予算金額3000円

お友達や知人などに出産祝いを贈る際に、予算金額を3000円と設定した時の選択肢を考えてみましょう。まずこの予算金額の3000円は、出産祝いの相場として見た時、金額的に低くなりますので、ほんの気持ち程度の贈り物といったレベルになります。

 

それほど親しいわけではない方や、頻繁に連絡を取り合う仲ではない方に対して贈るのにちょうどよい価格帯です。商品選びも選択肢がそれほど多いわけではありません。

 

デパート等で購入する際には、特に出産祝いという事柄にはとらわれず、一般的に贈り物としてよいもの選ぶと良いでしょう。また出産後には赤ちゃんをケアする際にタオルを利用する機会が多くなりますので、やや高級なタオルを贈るのでもよいでしょう。

 

また赤ちゃんに対する贈り物ではなくママに対する贈り物であれば、、デパ地下にある食料品売り場で、少し高級なお菓子などを購入する方法も挙げられます。入院中は外に出歩くことができず、とりわけ食に関しては自分が食べたいもの選べないことから、欲求不満がたまっていることが考えられます。なので、おいしいスイーツは大変喜ばれます。

 

上記以外で3000円という予算金額を考えた場合、赤ちゃん本舗などベビーグッズが豊富にあり、価格帯も幅広く、予算内に収まりそうな店舗で贈り物を探すとよいでしょう。

 

店舗によってはラッピングが不可であったり、有料になる場合もありますが、ラッピングはご自身で簡単に行えるものです。コストを掛けることなく綺麗に仕上げることができます。予算が厳しい場合は、ご自身でラッピングしてはどうでしょう?

3000円なら何がいい

出産祝いをしようと思ったとき予算3000円だったらどんなものがいいのでしょうか。お祝いを贈る赤ちゃんが初めて生まれた赤ちゃんなのか、2人目の赤ちゃんなのかで若干違ってきます。また、男の子女の子で、色などを決めた方が良いでしょう。
初めての赤ちゃんの場合
いろんなものが足らないことが多いです。最初のうちは、新生児用の衣類や必要なものだけ揃えておく人も多く、身に付けるもの等を贈ると喜ばれます。予算3000円なら、くつしたやよだれかけ、ベビーシューズは頂いた方が助かります。
2人目の赤ちゃんの場合
身に着けるものはお下がりで持っていることが多いので、ガラガラやおしゃぶりなどおもちゃ系のものが喜ばれます。女の子ならテディベアなど、3000円以下でも購入できるものがたくさんあります。 ベビー食器や離乳に使うものは、上のお子さんと間が空いているようならおすすめ。何年か経つとベビー食器などは、色落ちして使いたくなくなるからです。男のお子さんなら青っぽいもの、女のお子さんならピンク系のものが人気ですが、どちらでも使える白もいいです。 出産祝いをあげる人が家族や仲の良い友人なら、離乳食詰め合わせなども喜ばれます。せっかく出産祝いを贈るなら、相手の好みに合わせてあげるのが良いですが、好みが判らない場合は無難なものを贈ると間違いはありません。

二人目の出産祝い人気ランキング